旭産業株式会社

ホーム会社概要企業理念・スローガン・行動指針

企業理念・スローガン・行動指針

創業から旭産業の成長を支えてきたのは、社長以下従業員一人一人に代々受け継がれる
「お客様の役に立つ」という思いです。その思いがお客様のご要望にすぐに応えるスピードのある行動になっています。お客様に喜んでいただくことが私たちの「夢」であり「幸せ」です。

企業理念

たゆまざる努力により、「最良の製品」、「最高の品質」を創造し、
事業の発展を通じて、お客様の繁栄と社員の幸せを実現する

スローガン

仕事のなかに夢がある 生きがい やりがい 働きがい
「企業成長の礎は品質にあり、品質確保の基盤は人づくりにあり」

行動指針

変化を恐れず、常にあるべき姿に向かって、変化し続ける

社長挨拶

ceo1

ものづくりを追求し、進化させる企業として。

旭産業は、メーカーであり、ものづくり企業です。このため、製造する製品は、お客さまが安心・安全に、そして満足して使えるものでなければなりません。我々は、第一に品質、第二に機能・性能、第三にコスト・納期という三つの重点ポイントを掲げ、常に「最良の製品」と「最高の品質」を追い求めてきました。

旭産業は、お客さまの製品を受託生産するパートナー企業として成長してきた会社であり、今後もこうしたお客さまとの良好な関係を保ちつつ、お互いの発展のために努力を続けていきます。一方で、独自の自社開発製品を武器に、独立した活動も行っています。今、我々に求められているのは、長い歴史の中で培ってきた電動機の技術や制御技術をベースとして開発技術力の向上を図り、次の時代、次の製品を生み出すこと。そして、設計・製造技術を一流化する中で、設計から製造までの一括受託体制をより強化していくことだと考えています。ものづくりの環境が時代とともに変化するなかで、設計・製造技術を進化させ、新たな分野の技術導入にも積極的に挑戦していくことが、我々の使命なのです。

変化を恐れず、前に進んで行く企業としての実力を備えるため、私たちは人材の育成にも重きを置いています。旭産業では、社員のチャレンジ精神と、活躍範囲を広げたいという意志を尊重し、一人ひとりと真摯に向き合いながら人材の育成を実施しています。大きなフィールドを与えることで個人の技術力を伸ばし、社員とともに企業としての技術力を高め、新しい時代を切り拓いていきたいと考えているのです。

「仕事のなかに夢がある」というスローガンの下に、何事にも前向きに取り組み、全員で大きな夢や目標に向かって進んで行く、総合力を持った企業であること。より大きな仕事、より高度な仕事にも対応できるものづくり企業として、個々の叡智を結集したチームワークにより組織力を高め、強い企業風土をつくりあげるとともに、我々がつくりだす製品で人びとに幸せや喜びを与えていきたいと考えています。

ceo2代表取締役社長
杉山 徹

プロフィール
1983年4月、三菱電機株式会社入社。FA機器製造の生産技術担当を皮切りに、新しい製品の設計・製造技術の確立から量産工場立ち上げまで、生産技術のあらゆる分野の業務を担う。
その後、FA製品の工作部門および生産技術・製造管理部門を統括した。2014年4月、旭産業へ。同6月より現職。

ページトップ