旭産業株式会社

ホーム会社概要歴史・沿革

歴史・沿革

旭産業株式会社は昭和17年に繊維織物生産の会社として創業しました。創業後まもなく第二次世界大戦の影響で、機械を軍に提供せざるを得なくなり、繊維織物生産の操業継続が困難な状態となりました。戦後、当時の社長(創業者)が提供した機械の返却を政府に要求するも機械はなく、それがきっかけとなり電気器具製造業に方向転換をしました。当時はモーターの組立が主たる事業内容でしたが、その後高度経済成長に伴い、家庭用電気製品の組立なども手掛けるようになりました。戦後混乱期から70年が経過し、現在ではFA機器関連部品の製造と組立、駆動装置の設計と製造、制御盤組立やハーネス加工といった多岐にわたる事業を展開しています。

1942年 名古屋市東区矢田町に日本特殊織物(有)を設立
1944年 三菱電機・名古屋製作所の協力工場として電動機・電磁開閉器などの生産を開始
1946年 旭産業(有)に社名変更
1961年 群馬県太田市安良岡に群馬工場を建設(三菱電機・群馬製作所との取引拡大に対処)
1967年 愛知県稲沢市に稲沢工場を建設
1969年 静岡県小笠郡小笠町に小笠工場(後 静岡工場に改称)を建設
1970年 旭産業株式会社に組織変更
1980年 NC制御盤の生産開始(名古屋工場)
1982年 愛知県春日井市下屋敷町に用地を求め本社及び名古屋工場を移転
1984年 資本金を3000万円に増資
1986年 群馬工場を業務集約により閉鎖
1988年 春日井市下屋敷地内に技術開発センターを開設 人材育成と開発力向上に努める
1990年 三菱電機向け圧縮機用モータの事業規模拡大で、静岡工場に三菱電機との合併会社・菱電旭テクニカ㈱を設立(資本金2億円)同工場を新会社に移管
1992年 愛知県春日井市十三塚に、分散工場の集約を図るため春日井新工場を建設翌年より操業開始
1997年 海外生産拠点として、中国浙江省寧波市にモータ鉄心及びモータ製造を目的に、合併会社寧波大菱電機を設立(資本金60万ドル)
2000年 機器事業部・ 名古屋工場がISO-9002を認証取得(8月)
2001年 中国浙江省寧波市に、モータ製造を目的に寧波旭産業電機有限公司を独資で設立、資本金6.5万US$(4月)
名古屋工場に新棟を建設。新棟2Fに名古屋第二工場及び技術開発センターの移転集約を図る(4月)
2003年 竹岡 修 代表取締役社長就任(6月)
ISO-9001-2000に更新
2004年 事業部制を廃止し、工場制に移行(3月)
2006年 環境マネジメントシステム(EMS)認証(KESステップ2)を取得(2月)
2008年 名古屋西工場設立
2010年 愛知県小牧市に小牧工場を設立
寧波旭産業電機有限公司 第一工場と第二工場を寧波市江北区洪塘工業A区に統合
2011年 稲沢工場を名古屋工場へ移動し、本社工場と名称変更
2012年 中国遼寧省大連市に、NC制御盤製造を目的に大連旭産業電機有限公司を独資で設立
2014年 杉山 徹 代表取締役社長就任
寧波旭産業電機有限公司 島田 博右総経理就任

 

ページトップ